今しか着られないダッフルコートに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

たとえば、カラフルなもの。
オレンジ色やターコイズ・ブルー(トルコ石の色)など、
個性的な色のダッフルコートは若さと勢いで着倒したいものです。

 

まずは20代いっぱい、あるいは30代の半ばまでを想定して、
似合う色を選んでみてください。

 

色は、しばしばあなたのイメージと結びつきます。
それが鮮やかな色であれば尚更です。

 

だからこそ、「これまでどう見られていたか」ではなく、
「これからどう見られたいか」を大切にして選びましょう。

 

たとえば、
あなたが既にビビッド・カラーのダウンジャケットやカラーパンツ、
あるいはスニーカーをお持ちなら、

 

同じ色を選ぶか
似た系統のものを選ぶか
まったく異なる色を選ぶか

 

それらの補色(色相環で互いに反対に位置する色)を
選ぶか考えてみてください。

 

「あの人と言えばこの色」というイメージを手に入れたいか、
意外性を演出したいかということ、
あるいは持っているアイテムとどう合わせたいかに依ります。

 

どのくらいの頻度でそれを着るか、何処に着ていくかによっても、
選ぶ色は異なってくるかもしれません。

 

頻繁に着たいなら、通勤時に気分を
盛り上げてくれるような色を選ぶのも良いですね。
お好きな色で、いつもの似合う色で、初めて挑戦する色で、
少し尖った20代を演出してみませんか。